マイナビオールスターゲーム2019第1戦で野球の素晴らしさを再認識、感動、涙!

プロ野球(NPB)
▼広告▼
DAZN
DAZN

2019年7月12日(金)にマイナビオールスターゲーム2019第1戦が行われました。

AbemaTV(アベマTV)でホームランダービーから生中継していました。

【プロ野球】マイナビオールスターゲーム2019 第1戦 | 【ABEMA】テレビ&ビデオエンターテインメント
プロ野球『マイナビオールスターゲーム2019 』 各球団から選び抜かれたスター選手が集うプロ野球の祭典! AbemaTVでは、オリジナルの実況解説と共に完全無料生中継! ☆☆☆ AbemaTV限定… 出演者は、解説:森本稀哲氏、実況:南隼人氏、ゲス…です。

第1戦では、8人のうち4人、坂本勇人選手、レアード選手、村上宗隆選手、吉田正尚選手がホームランダービーに出場しました。

多くのプロ野球ファンが将来の日本の4番として期待している村上宗隆選手のホームランの飛距離はすごかったです。

最後まで残ったのは、吉田正尚選手ですが、4球連続ホームランが圧巻でした。

試合の方は、1回裏、東京ドーム全体から湧き起こる山田哲人コール。

ヤクルトファン以外は、こういう時しかできないので、思いっ切り力を振り絞っての「やま~だてつと」コールです。

2回表、超フルスイングの森友哉選手の第1打席のホームランがすごかったです。

2球目のファールの打球も半端ない飛距離でした。

4球目に41度の角度で高く上がったライトへの打球がそのままスタンドイン。

6回表、浅村栄斗選手のバックスクリーン横に飛び込むホームラン。

続く、山川穂高選手は、山口俊投手(愛称:どすこい)からホームランを打っての「どすこーい!」パフォーマンス。

浅村&山川の元同僚アベックホームラン。

9回表、山﨑康晃登場し、東京ドーム全体での康晃ジャンプ!

大腸がんから復活し、プラスワン投票から選出された原口文仁選手が代打ホームラン。

説明いらずに、感動、涙!

本当の意味での完全復活ホームランです。

野球って、本当にいいものです。

台本のないドラマです。

最高のエンターテイメントです。

【動画】「マイナビオールスターゲーム2019」第1戦 ハイライト
日本野球機構(NPB)オフィシャルサイト。プ&#125...
プロ野球(NPB)
「プロ野球(NPB)」の記事一覧です。