なぜ昔から変わらない「サッポロ一番みそラーメン」を食べたくなるのか考えてみた件

家事

本日、2019年10月12日(土)、といっても昨日の深夜、突然サッポロ一番みそラーメンが食べたくなりました。

普段あまりインスタントラーメンを食べないのですが、いざという時のために、基本5個パック1つは、在庫しています。

そして、在庫が減った時に、その時点で安くなっている方を買うようにしています。

その選択肢は、「サッポロ一番みそラーメン」か「マルちゃん正麺味噌味」です。

近所のドン・キホーテやオーケーストアでは、「マルちゃん正麺」がよく安くなります。

ですので、在庫も「マルちゃん正麺味噌味」であることが多かったです。

しかし、先日の在庫切れの時には、ドン・キホーテで「サッポロ一番」の方が久々に安くなっていました。

そこで、迷わず購入、在庫していました。

▼参考サイト▼
▼参考サイト▼
▼広告▼

「マルちゃん正麺」と「サッポロ一番」は全く違うジャンル

ここで、「サッポロ一番」と「マルちゃん正麺」について、自分の見解です。

どちらも、同じインスタントラーメンというジャンルです。

しかし、インスタントラーメンの中でのジャンルが違います。

まず、「サッポロ一番」は、昔から変わらないインスタントラーメンです。

一方、「マルちゃん正麺」は、生ラーメンに近づこうと進化したインスタントラーメンです。

ですので、どちらがおいしいかというのは、ジャンルが違うため答えが出せません。

それぞれのおいしさがあります。

「サッポロ一番」は、インスタントラーメンとして、長い歴史の中でほぼ完成形だと思います。

例えば、チキンラーメンやカップヌードルと同様です。

大きく変わる必要がありません。

一方、「マルちゃん正麺」は生麺に近くて麺がおいしいですが、それに合うスープは試行錯誤中のように思います。

進化系のインスタントラーメンで、まだまだ伸びしろがあります。

まだまだ歴史が浅いです。

サッポロ一番ブランドサイト
サッポロ一番フライ麺シリーズブランドサイトです。CM情報や商品情報、アレンジレシピをご紹介します。
マルちゃん正麺
マルちゃん正麺 できたての、ツルツルっ!日本中の麺好き家族のみなさん、さあ、アツいうちに。
▼広告▼

夜中に「サッポロ一番みそラーメン」を食べてみた!

夜中に「サッポロ一番みそラーメン」を調理しました。

具は、豚ひき肉、玉ねぎ、もやし、コーン、乾燥わかめです。

調理方法は、自分独自の方法で、袋に記載の方法と違います。

まず、小型アルミ鍋でお湯を沸かしておきます。

料理酒を入れて、豚ひき肉、玉ねぎ、もやしを入れます。

もやしがボリュームダウンしたら、乾麺を入れます。

麺がほぐれはじめて、コーンと乾燥わかめ投入です。

ここで丼に粉末スープと七味スパイスを入れておきます。

少しして、鍋から丼に煮汁を入れ、かき混ぜてスープを作ります。

次に、麺を入れて、スープに絡ませます。

最後に、もやしを中心とした具を山にします。

これで完成です。

今回は、自己流の中でも、ノーマルスタイルです。

これに、ニンニクや生姜を入れる場合もあれば、一味唐辛子を追加することもあります。

サッポロ一番の麺は、時間が経つ度に、スープを吸って太くなっていきます。

この過程も、昔ながらのインスタントラーメンとして、想定済みで食感を楽しみます。

久々のサッポロ一番みそラーメン。

おいしゅうございました!